合鍵は精度が落ちる?合鍵を使い続けないほうがいい理由とは

私は、キーを作ることを考える機会はいろいろあると思います。

二重仕事や家族、あるいは一つの鍵のいろいろな状況で子供と一緒に働くことになると不安になる理由は、私が鍵を作りたい理由が違うからです。

あなたは、「キー番号だけがわかっていればキーを作成できる」という話を聞いたことがあるかもしれません。

しかし、キーはプロフェッショナルな言語であり、あまりよく知られていないため、簡単に作成できれば不安かもしれません。

今回はキーキーを詳しく紹介します。

鍵を正しく作成することで、重大な問題を回避することができます。

本物のキーとキーの違いは何ですか?

本物のキーとマッチングキーは一緒に見ていますが、さまざまな点が異なります。

元の状態では何も持っていない本物のキーを作るのとは対照的に、キー製造の製造業者は、顧客がキーショップに持ち込んだキーに基づいてキー材料を削ることに似ています。

その結果、キーの精度は必然的に低下します。

あなたが鍵を開くことを決めたとしても、あなたが思っているように鍵が回ったり引っ掛かったりすることはありません。

あなたが力でそれを回すと、キーが壊れたり壊れたりする可能性があります。そのため、キーの修理だけでなくロックも取り替える可能性があります。

このようなトラブルを避けるために、使用するのが難しい場合は、早めに鍵屋さんと話しましょう。

純正のキーとキーで製造日数に違いがあります。

ロッカーによって違いはありますが、短時間で約5〜30分でキーが完成します。

しかし、本物の鍵を作るのに2〜4週間かかります。

サンプルキーキーがありますが、模倣しながら作っていきますが、本物のキーは完全にカスタムメイドなので時間がかかります。

また、私がキーを作るために取ったキーは本物のキーではありませんでしたが、以前に作られたキーであればしばしば拒否されます。

一致するキーからキーキーを作成すると、キーの精度が低下し、誤動作が起こりやすくなり、ほとんどの請負業者がそれを拒否します。

本物のキーにはキー番号が付いています!

本物のキーの場合、数字とアルファベットを使用した「キー番号」が刻印されています。

このキー番号は、製造者が細かいステップ、穴のサイズ、角度などの重要な情報を管理するために手を振っているキーの設計図と似ています。

純正キーはメーカーが作成したキーなので、ほとんどの場合、キーヘッドと呼ばれる部分にメーカー名やロゴスタンプがあります。

本物の鍵の中には、防犯の観点からキー番号が押されていないものもありますが、鍵には暗証番号が記載されたセキュリティカードが付いていることがよくあります。

この鍵番号はクレジットカード番号とPINと同じくらい重要ですが、その存在を知らない人もいることから、彼らはそれほど意識していません。

鍵番号を知っている限り、簡単に鍵鍵を作ることができ、鍵があなたの知らないうちに作られることがあります。

慎重に本物のキーを管理してください!

一般的には、キーを店に持っていくのが一般的ですが、キーの写真、製造元、キー番号を準備すれば、最近インターネットで作成することができます。

名古屋に行くことができない人にとっては非常に便利ですが、鍵管理は簡単にできれば重要になります。絶対に他の人に本物の鍵を提示したり貸したりしないでください。これにより、あなたのクレジットカードを他の人に見せないようにします。

また、キーを運ぶときは注意してください。

・カバーをキーキャップなどに取り付けます。

・友人でもあなたの鍵を見せないでください。貸してはいけません。

・車や机の上に鍵を置かないでください。

・SNSに提出する場合は、キー本体をコピーしないように注意してください。

さまざまなトラブルを避けるために、鍵を自分でしっかりと管理することが重要です。

純正のキーの代わりにキーを使用する必要がありますか?

鍵番号を知っている場合は、鍵を作成することができます。

キーナンバーが漏れないようにマッチングキーを使用するのが普通だと言われています。

また、純正キーを使用する場合、劣化のために変形することが多い。

したがって、鍵を作る際にエラーが大きくなる恐れがあります。

本物のキーの日々の使用を避け、できるだけキーを使用することをお勧めします。

まとめ

純正キーでキーを作るときは注意が必要です。

キー番号だけがあれば簡単に作ることができるので、通常はキーボードを使用することが重要です。

あなたが許可なしにマスターキーを作って侵入すると思ったら、あなたは震えます。

しかし、キーナンバー管理を怠っている限り、誰にでもいつでも起こる可能性があります。

そのため、本物の鍵の管理を見直し、鍵を作る際に可能な限り高い精度で鍵を作ることができる業者に尋ねることをお勧めします。

関連記事

ページの先頭へ