車の鍵閉じ込めトラブル!予備の鍵があるなら探しましょう

車から出るとき、あなたは不注意に車内のキーで車のドアを閉じたことがありますか?

車の機能に応じて、それはそのままロックされ、ロックアウトされます。

注意しても予期せぬトラブルでキー閉じ込めが発生する可能性があります。

今回は、車のキーをロックする原因と対策を紹介します。

あなたが落ち着いて突然起こるように、それを参照してみてください。

車内のキーをロックする原因は何ですか?

どんな状況の下で車の車の閉じ込めが起こるでしょうか?

ここにいくつかの一般的な原因があります。

ドアの鍵をロックしながらドアを閉めた

また、車のエンジンを運転している間に荷物を降ろすこともできます。

そのような場合は一時的に車から出ると思いますが、運転席のドアをロックしてドアを閉じると(ドアノブが引っ張られた)、ドアを開けて鍵をロックすることができません。

ドアを開けるとロックボタンが手や肘に当たることがありますので、外出するときは慎重にドアを開けましょう。

自動的にロックされています

自動的にドアをロックする機能を備えた自動車は、ドアを閉じるとすぐに自動的にロックされることがあります。

後席に荷物等を載置した後、後席のドアが一旦ロックされると、外出後にロックされてロックアウトされる場合もある。

内部にいた子供はドアを閉めた

大人が車の中に鍵を残して車を離れる場合、鍵を開く方法を知らない幼児は鍵を閉じて、それを外部から閉じることができる。

それは常にそれをロック解除することはできませんので、車に単独で幼児を残して、外に出かけることはありません。

ドアロックの原因の多くは、荷物を降ろすときや、幼い子供と一緒に出かけるときに起こる可能性があります。

ドアを閉じる前にキーの存在を一度確認すると良いかもしれません。

スマートキーでトラップするのは難しいですか?

スマートキーが人気を得た後でさえ、車のロックが起こりそうです。

スマートキーは反応して自動的にセンサーをロックまたはロック解除する便利なキーですが、誤動作のために多くの問題があります。

ロックするつもりがない場合でも、車と車内の境界付近に置くと自動的にロックされるので注意してください。

また、電池切れの場合は、キーを開けないため、定期的に電池を交換する必要があります。

交換するサインとしてリモコン操作が鈍くなり、操作時に聞こえる音が小さくなり、聞き取れなくなったときはバッテリー消耗の兆候であるように電池を交換しましょう。

私はそれが検査されるたびに電池の交換を行うのが安全かどうか疑問です。

車のスペアキーを作ってみましょう

スペアキーを作成して、車のキーをロックするとすぐに対応できるようにすることをお勧めします。

スペアキーは、ディーラーやロックスターに相談することで作成できます。

ディーラーに尋ねると、正規のものを作成することができますが、1〜2週間かかる場合があります。

お急ぎの方は、ロッカーに相談してみてはいかがですか?

しかし、それは車の外にそれを固執することは厳しい禁止です!

多くの場合、作成したスペアキーをどこに保存するかについて心配する必要があります。

車に乗ることは、重要な閉じ込め対策ではありません。

しかし、もしあなたがそれを家に残すなら、あなたはそれを取り戻すのが難しいでしょう。

便利なことに、それは車のどこかに隠しておくことですが、盗難の危険があります。

車の盗難の専門家は、キーが車体の下に隠されていることが多いことを知っているので、あなたが目指しているなら、それを見つけることができます。

財布や袋に入れたり、家に持ち帰ったり、家に持ち帰ったりすることをお勧めします。

鍵の開けを要求する際に確認するポイント

車のキーをロックすると、キーを開くように求められます。

道路サービスに加入している場合は、パートナーサービスを使用している可能性がありますので、それを使用してください。

あなたが参加しない場合、すぐに来ることができるロッカーに連絡すれば、すぐに解決することができます。

鍵の種類は、鍵を開くことを要求するときに業者に確認する必要がある事項です。

スマートキーまたはイモビライザーを使用している場合は、業者によっては対応できない場合があります。そのキータイプが対応可能かどうかを確認することは安全です。

一般に、アンパックキーの作業を行う前に見積もりが提示されますが、見積もりがなくて作業に入る場合は、キーを開くコストを確認してみましょう。

まとめ

車のキーは、スマートキーなどの普及によってキーを開閉するのに便利です。

しかし、ロックが自動的にロックされたり、誤って車のキーを人為的ミスに閉じ込めたりするケースはまだまだあります。

キーの閉じ込め対策として、いつでも手前のキーで車から降りて、予備のキーを用意することができます。

あなたの肌を離れることなくスペアキーを持ち歩くことが最善ですが、失う心配がある場合は、自宅に保管しておくか、家族と一緒に持ち歩くことができます。

車のキーをロックしている場合は、業者が鍵を開くように頼みましょう。

あなたが車で幼い子供を抱きしめているなら、あなたはしばらく競争するかもしれません。

緊急時にすぐに突入できる貿易会社の連絡先情報を書き留めておくと言うのは安全です。

関連記事

ページの先頭へ